admin

質の良い睡眠を取って、ダイエットに効果的なホルモンを分泌しよう!

レプチンで食欲を抑制

ダイエットをするうえで、食欲をコントロールすることは重要なポイントになります。食欲のコントロールをするためには、レプチンとグレリンのバランスを取ることが大切です。レプチンは食欲を抑え、グレリンは食欲を増す作用があります。この2つのホルモンは相対関係にあるため、どちらかが多いとどちらかが少なくなります。正常に分泌されていると、食欲をきちんとコントロールすることが出来るのです。しかし、グレリンのほうが多く分泌されていると、レプチンの量が少なくなります。それにより、食欲が増してしまうのです。レプチンを多くするためには、質の良い睡眠を取ることです。深い眠りについているときに、レプチンが多く分泌されるためです。

成長ホルモンで新陳代謝を高める

成長ホルモンは思春期に多く分泌されるホルモンです。このホルモンは、身長が伸びることに関係しています。そのため、成長ホルモンは大人になると分泌されないイメージが持たれます。しかし、成長ホルモンは思春期ほどではありませんが、大人になっても分泌されているのです。成長ホルモンは、傷ついた細胞を修繕する働きがあります。このとき、エネルギーが使われるのです。それにより、寝ている間も脂肪を燃焼することが可能になります。

コルチゾールを減らして脂肪の合成を防ぐ

コルチゾールは、ストレスを感じると多く分泌されるホルモンです。コルチゾールには、脂肪を溜め込みやすくする作用があります。いつもと同じようにカロリーを摂取しても、コルチゾールが多く分泌されている状態だと、太りやすくなるのです。したがって、しっかりと睡眠を取ってコルチゾールの分泌量を抑えれば、脂肪を溜め込みにくくなって痩せます。

品川美容外科の2chについて調べる

Related Posts