admin

スキンケアに悩むアトピー肌の人にもおすすめのセラミドとは…?

低刺激で肌との相性がいいセラミド

肌に潤いが失われると、しわやたるみが少しずつ増えていくので、一気に老けたイメージになってしまいます。それだけでも大きな問題ですが、肌の水分を保持できなくなって乾燥しがちになると、ターンオーバーの周期も遅くなってしまうんですよね。そうなると肌のトーンが暗くなり、古い角質が残ることでシミや良性のイボが肌に出来るようになります。乾燥肌対策用の化粧品も各メーカーから出ているので、保湿成分をたっぷり与えて毎日根気よくケアしてくださいね。コラーゲンやヒアルロン酸などがメジャーな保湿成分ですが、年齢肌に特に与えたいのがセラミドと言う保湿成分です。

馬セラミドを選ぶコツは?

セラミドがいいと言われている理由は、角質層の細胞間脂質とよく似ているからです。肌に違和感なくなじんでいくので、化粧品の成分が刺激になってしまう恐れのある、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人にもおすすめできます。ダメージを受けてあまり機能していない、肌のバリア機能を修復する働きがあります。セラミドにも種類があるので、より人間の細胞間脂質に近い天然セラミドを配合したものを選びましょう。良好な飼育環境で育てられた馬の脳などから作られたセラミドがおすすめです。馬セラミド入りの化粧品には、ウマスフィンゴ脂質という成分表記があるので確認しておきましょう。良質で貴重な馬セラミドを豊富に配合している商品は、どうしても値段がやや高めなので、不自然に安価なものは避けるようにするのがコツです。

品川美容外科の判例まとめサイト

Related Posts