admin

しわを見られたくない!ケアに使える化粧品ってどんなもの?

意外と自分のしわを分かっていない?

30代後半から気になる人が増え始めるしわは、見た目の年齢を大きく左右しますよね。同い年の人でも、顔がしわしわの人よりも肌に弾力がある人の方が実年齢よりも若く健康的に見えます。しわ対策用の化粧品も発売されているので、しわが出来てもお手入れを怠らなければまだ間に合うので諦めないでください。まずは自分のしわのタイプを把握しましょう。一見するとみんな同じものに見えるかもしれませんが、実はしわは比較的浅めの表皮じわと、深く刻まれた真皮じわの二種類あります。ちなみに表皮じわの方が初期段階なんですよ。それぞれの対策に効果的な成分は異なるので、自分のしわをよく分析することから始めましょう。エステなどで肌分析を行っているところにチェックしてもらってもいいですね。

しわを肌から消すための具体的な成分は何?

浅いしわができる原因は、角質層の水分が減少してしまうことです。つまり、保湿化粧品を使うことでしわのケアができるということですね。初期段階のうちにしわが撃退できれば、深いしわにならずに済むでしょう。肌細胞間を埋める細胞間脂質の成分のほとんどはセラミドです。天然セラミドか、ヒト型セラミドに近いセラミド2や3が配合されているかチェックしてくださいね。一方真皮じわの原因は、紫外線などが原因で起こる老化現象です。そこで、真皮に多く存在しているコラーゲンの合成力を高める成分を化粧品から補ってあげましょう。コラーゲンは分子が大きいので、化粧品から肌に補給してもなかなか浸透しにくいんです。成長因子やレチノールがおすすめですよ。

品川美容外科の裁判まとめサイト

Related Posts